こんにちは銀鼠です 。

.

昨日は、私の人生の運命を左右するといっても過言ではない日だったんですが、

ものの見事に打ち砕かれました。

イライラと悲しみのやり場に困って

窓を開け、

1時間ほど黙々と掃除して物を捨てまくり、

2時間ほど昼寝し、

1時間ほどYouTube物色して(木下ゆうかさんばっか)、

3時間ほど友達と喋ってました。

気付けば22時半。

そこから『ミュウと波導の勇者ルカリオ』を観て、

0時半に就寝。

ブログ書かなかったんだぜぃ…泣

.

こうやって振り返ると…

なんちゅう日だ。

.

.

.

私のことはいい。気にするでない。

.

「ハートブレイク」って聞くと、もしかしたら「失恋」を期待した人もいるかもね。

残念でした。過去一年、男子と喋ってすらない。

.

ハートブレイクは、

単に「傷心」の意味もあるのだよ。原因は様々。

(アドラーは「全ての悩みは、人間関係に帰結する」とは言うけれど。。。)

.

なんで「ハートブレイク」という言葉を持ち出したかというと、

心が

_人人人人人人人人人人_

> バリンガシャーン <

 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

って砕け散った気がしたから。

.

これをハートブレイクって言わずになんと表現したらいいんだ!

ブロークンハート?一緒やがな。

.

それはそうと、

昨日観たポケモン映画『ミュウと波導の勇者ルカリオ』。

(これ、2005年なんだってね!?いつの間に時が…)

漫画も買って何度も読んでたから話の大枠は覚えてたけど、当時8歳。

12年経って、もうすぐ20歳になろうとしているんよ。。。

やっと色々理解できるようになった今観てみると、

この映画、マジでやばい…!!!!(←伝わるかぁ!)。

.

.

(※映画の内容に興味がない方は、「まとめ」まで飛ばしてどうぞ↓↓↓)

.

(以下ネタバレ含むけど、2005年映画だしいっか)

  • 大まかなあらすじ

今から数100年前、戦争が勃発し、オルドラン城は今にも巻き込まれようとしていた。

城に使える波動使いアーロンは、ルカリオを杖に封印した後、「はじまりの樹」の力を使って戦争を止めた。

以来、アーロンは「波動の勇者」として讃えられ、後世に語り継がれる。

.

時が流れて数100年。オルドラン城でパーリーが開かれた。サトシは大会で優勝し、その年の「(なんちゃって)波動の勇者」となる。

サトシがアーロンの杖を掲げたとき、封印されてたルカリオが目覚める。

一方そのころ、城の屋根裏で遊んでたピカチュウが、なんやかんやでミュウに「はじまりの樹」へ連れていかれてしまった。

サトシがピカチュウを取り戻しに行くのに、ルカリオが同行することになる。

.

ルカリオの過去とは。真実とは。

果たしてサトシとピカチュウの運命やいかに(笑)

え、なんで(笑)かって?サトシとピカチュウが会えるのは分かりきってるからだよ。

.

.

当時8歳。あの頃は、普段からアニメを観てたせいか、主人公(サトシ)にしか感情移入ができていなかった。

つまり、「ルカリオ目線」が全くできていなかった。

でもこの映画の主役は、ルカリオでなければならなかったんだ。。。

なんてことを\(^o^)/

.

.

  • 時間は戻らない

ルカリオは、封印されてからサトシの時代で目覚めるまで、数100年間眠り続けた。

ルカリオにとって、

アーロンがいたのは「ついさっき」のことだったのに、

気付いた時にはもう途方もない時間が流れていた。

(我々も経験あるよね?起きたらお昼だったとか←一緒にすんなし)

.

どうしてアーロンが自分を封印したのかわからないけど、

アーロンはもう既に過去の人

時間は決して取り返しがつかない。

2度と会うことはできない。

「アーロン様」「なぜ」

ルカリオは作中、これらの言葉を何度も繰り返していた。

でも2度と会えないなら確かめようもない。

.

  • 裏切り

ルカリオは、「アーロンは裏切った」と思っていた。

ここがミソよ。

そりゃアーロン本人がルカリオに向かって

「俺は城を捨てた」と言って、その上自分を封印したら、

ルカリオは「自分も捨てられたんだ」って思うし、

1人で英雄扱いされていることへの疑念も当然でしょう。

.

だから、アーロンと同じ人間である(波動も似てるらしい)サトシに食ってかかるし、

サトシのピカチュウに対する想いも、否定した。

.

さらに、ルカリオが「アーロン様」と呼ぶことからもわかるけども、

ルカリオはアーロンと「主従関係」を意識しているんだね。

一方で、サトシはピカチュウを「友達」と言った。

.

でも最初は口先だけだと思って、サトシを全く信用しなかった。

サトシがアーロンに(波動が)似ていた、というのも手伝って。

.

.

  • その後の展開

「はじまりの樹」に向かう道中で

取っ組み合いの喧嘩もするけども、

サトシがピカチュウへの執念を時々見せつけるので、

ルカリオはサトシの想いを信用するようになる。

.

でも、アーロンへの疑念は消えない。

.

そこで鍵となるのが「時の花」。

咲いている場所で、起きた過去の一部が再生される摩訶不思議な花。

それで、ルカリオがいた時代が再生されて、真実が明かされていく、という訳ですな。お上手。

.

道中でルカリオの言ってること(アーロンに封印されたこと)が真実だとわかって、

サトシが泣いたりするもんだから、当時8歳の私はてっきり「サトシの成長物語」だと勘違いしちゃったんだよなぁ…

違うよ。違うからね。

.

.

(以下、ラストネタバレだよ!!)

  • 誤解

最後にルカリオが触れた「時の花」は、

アーロンが死に際に、もう2度と会えないルカリオに向かって語られたものだった。

.

アーロンは本当に英雄だったのか、

アーロンがどうしてルカリオを封印したのか、

が明らかになる。

.

.

「時の花」が見せた真実とは。

.

アーロンは戦争を止めるため「はじまりの樹」の力を使ったが、

それは力を使った者の命を代償にする行動だった。

アーロンは最初からそれを知っていた。

だから、無益な戦争のためにルカリオの命まで犠牲にしたくなかった

.

アーロンは、ルカリオを封印して1人で「はじまりの樹」に向かった。

そして、アーロンは力を使い果たして命を落とし、英雄となった。

.

アーロンが、最後に放った言葉。

.

できることなら…ルカリオ。

もう一度。

.

もう一度、お前に会いたい。

…友よ。

.

.

この言葉に、すべてがつまっている。

.

.

アーロンがしたことも、過ぎ去った時間も、

もう取り返しはつかない

.

絶対に2度と会えない

それでも、会いたい

.

形は主従関係。

心は主従を超えた、としての想い。

.

.

.

本当は、ルカリオが

(真実を教えてほしくて)もう一度会いたかったのも、

アーロンのためなら(どこまでもついていく)という気持ちも、

ルカリオにもう一度会いたかったように、

ルカリオのために封印したように、

アーロンも同じだった。

.

.

むしろ、アーロンは

弟子を超えて、「友」として慕い、

裏切るどころか、守っていた。

.

アーロンは自分を捨ててなどいなかったのだ。

すべては、ルカリオの思い込みから始まった誤解だった。

.

.

だから、ルカリオはこの言葉を聞いて

自分がアーロンを慕うのと同じように(若しくはそれ以上に)想ってくれていたことを悟り、

アーロンを疑った自分を責めるとともに、

心底安心したように見えた。

.

「死ぬのではない。アーロン様のもとに帰るのだ」

と言い残したのも、

アーロンから拒絶されていなかったことへの安心感ではないかね。

.

さらに、ルカリオは、サトシを死なせまいと1人で犠牲になることを選んでいる。

「友」への想いの強さは、アーロンと全く同じだった。

だからこそ、ルカリオはアーロンの真意を理解した。

.

.

  • まとめ

.

過去を見せる「時の花」があったから、ルカリオは真実を知ることができたんだね。

.

じゃあ現実は?

.

「時の花」のように、

過去のものとなってしまった真実を

教えてくれるものは、存在しない。

(そこ、防犯カメラとか言うんじゃない)

.

.

人間関係でこじれるときは、大抵の場合

誤解」がどこかで起きている。

.

例えば、

相手が何を考えているのか、わからない。

あんなことをされたから、嫌われているに違いない。

.

誤解がなくなれば、つまり、

相手の考えていることがわかれば、わかりあえるかもしれないし、

相手は良かれと思ってしたこと、だったのかもしれない。

.

.

何度も言うけど、「時の花」は存在しない。

時間は戻らない。そして人生は1度きり。

我々は、意図しない誤解によって、

大切な何かを見失っているのかもしれないね。

.

.

.

ルカリオにとって、アーロンが「城を捨てて」「杖に封印した」のは、

まさにハートブレイクな出来事だった。

.

でも、本当は、、、、

.

.

.

.

.

私のハートブレイクも、本当はブレイクする必要はなかった真実が待ってるんじゃないか!?

これからの人生を悲観することはない。

.

と、思いたい!!!!!!!!!

.

.

.

(ま、まとまったか…??)

.

↓いつもありがとう🌷.*<・つ__)~

人気ブログランキング

.

ツイッターはじめました。気軽にフォローどぞ。

@kDwarf127

ポケモン好きな同士はこちらも。どぞ。

@42Popon6