こんにちは、銀鼠(ぎんねず)です。

.

小学校高学年、思春期直前に起こった出来事

それは、大きな分岐点。

.

.

話したことある人は友達だと思っていた。

.

友達とクラスメイトは違う

.

.

…え…うそ………(°Д°)

.

この言葉を鵜呑みにし、

.

10代は、

大変、人間関係に苦しむこととなる。

死にたくなるほどに。

.

.

.

.

友達だと思っていた人は、友達ではなかったようだ…。

じゃ、じゃあ友達って…?

.

.

パニクった私は、数日周囲を見て過ごしてみる。

.

どこに行く時もいつも一緒にいる2人組の女子。

いつも数人でじゃれてる男子。

.

.

……これか。「いつも一緒にいる人」。

多分、そう。

.

.

.

.

.

極端な結論に辿り着いて、

自分に振り返ったとき、

ぎょっとした。

.

.

.

.

.

.

.

.

「いつも一緒にいる人」など、いなかったのだ。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

「友達」など、いなかったのだ。

.

.

.

.

.

次回。中学生。